稲葉山城のなんでもブログ

自分の経験や体験などを書いたりします。面白いと思った事も書いたりします

やらない夫は学生映画を作るようです やる夫シリーズ紹介

 

f:id:A-BOUT:20170709081200j:plain

やらない夫は学生映画を作るようです。

紹介する作品では初めての「エター」作品です。

エターとは途中で作者が書かなくなった作品で

未完成の意味になります。

 

 

あらすじは

やらない夫は高校生活の全てを病弱な想い人・

ナナリー・ランペルージのためだけに費やし、

さらに京都の病院に入院した

ナナリーの近くに居るために京都の大学へと進学した。

ナナリーの兄・ルルーシュによって

ナナリーのこと以外に何の目的意識も持っていない事を

指摘されたやらない夫は、

改めて自分の空虚さを思い知り夜の街を彷徨う。

そんな彼の目に映ったのは

映画作りにその青春の全てを懸ける

VIP大学映画研究会の映画撮影風景であった。

 

評価は☆4

 

この作品の凄いとか所は

「こんな青春送りてぇ!!」と思わせる

クオリティです。

実際にこの作品に影響を受けて

大学の映画サークルに入った人がいるぐらいの作品です。

 

作者は知識がかなりあるので

元学生映画の人だと思いますが

知識が凄いです。

 

一番好きなキャラは

でって部長です。

うざいキャラなんですけど

色んな場面で部長として活躍しますし

映画サークルの中では一番大人を演じてるので

個人的にはかなり好きです。

 

俺はこの作品を累計5回ぐらいは読み直してますが

ぶっちゃけドラマ化出来るレベルだと思ってます

☆5付けたいぐらいなんですが

残念ながエターなので☆4つとします

 

ばいばいきーん

 

ランキング参加してるのでクリックお願いします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村