稲葉山城のなんでもブログ

自分の経験や体験などを書いたりします。面白いと思った事も書いたりします

俺の屍を越えてゆけ ~新速出一族の歴史譚~  やる夫シリーズ紹介

f:id:A-BOUT:20170810223853j:plain

 

はーいどうも

俺の屍を越えてゆけ ~新速出一族の歴史譚~

を紹介したいと思います

 

 

あらすじは

 

かつて栄華を誇っていた京の都は、

今や朱点童子を頂点とする鬼たちによって

壊滅の危機に瀕していた。

そんな中、京でも一番の剣士である源太(新城直衛)と、

京でも一番の薙刀士であるお輪(エアリス)は、

ついに朱点童子の住処まで辿り着いた。

しかし、朱点は罠を仕掛けて源太たちを殺し、

そして一族に二つの呪いをかける。

一つは、生後わずか1年半から2年以内に

死亡する「短命の呪い」であり、

もう1つは人と交わり、子を生すことができない

「種絶の呪い」である。

その一部始終を見ていた天界の神々は、

源太とお輪の遺された子供である

新速出やる夫に力を貸すことを決めた。

 

評価は☆5です。

まだこの作品は完結してません

だからリアルタイムで追いかけてるんですけど

原作は名作ゲーム「俺の屍を超えていけ」を

元に作られてますが

 

この作品は泣けます。

短命の呪いで平均2年で死ぬます。

赤ちゃんから成人まで数か月で成長して

人との間では子供が残せないので神と子供を残すんですが

 

人間ドラマが凄い!!

ネタバレなんですけど何代も続けて戦い続けます

初代、2代目、3代目、4代目・・・・・

 

父の仇の為に戦う、

娘にまっとうな人生を送らせたい為に戦う

数か月で大人になるので幼馴染との結婚を

叶える為に戦う奴

顔を見た事もない先祖に縛られたくないと言って

出て行く者

 

泣けるシーンは当主が死ぬ時が一番悲しいです。

幼少から成人して自分が戦う理由があるので

朱点童子の討伐が叶わない事の無念を

上手く書いてあるので

次世代に託す思いなどが凄く表現されてるので

泣けます。

 

一番泣けるのは初代やる夫の

「俺の屍を超えていけ」

って言うシーンです

 

ばいばいきーん

 

ランキングに参加してるのでクリックお願いします

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村